d0125457_620155.jpg


d0125457_6202823.jpg




d0125457_6204641.jpg
d0125457_6205811.jpg



また新しいもちゾウを作ろうと思っています。
[PR]
by mochikawa | 2008-07-15 03:40 | もちゾウ | Comments(2)

もちゾウをつくる 7


d0125457_83243.jpg


ひんやりと涼しげな感じで。

本物は、もう少しだけ柔らかく穏やかな表情をしています。
[PR]
by mochikawa | 2008-06-22 09:01 | もちゾウ | Comments(6)

もちゾウをつくる 6


d0125457_032836.jpg


なんとも言えない存在感がでてきたように思います。
インド象かな。

これからまぶたや耳の際などをやすりで削って、形を少しだけはっきりさせたあと
塗りに入ろうと思います。
[PR]
by mochikawa | 2008-04-26 00:09 | もちゾウ | Comments(4)

もちゾウをつくる 5


d0125457_0272027.jpg


しばらくぶりのもちゾウです。
あれやこれやと悩みながら制作しているうちにもう数ヶ月が経ってしまいました。
あと少し...。
[PR]
by mochikawa | 2008-02-09 01:26 | もちゾウ | Comments(1)


親子のもちゾウです。
もともと、現在制作中のもちゾウはこの作品を基本としています。

d0125457_2263250.jpg


二頭は先週の日曜日、あるお方のもとへ旅立って行きました。
いまはピアノの上で見守られているそうです。

d0125457_228031.jpg


リクエストにお答えして、おしりです。
[PR]
by mochikawa | 2007-12-23 03:01 | もちゾウ | Comments(8)


かたちは、ほぼ出来てきました。
でもちょつとうつむきすぎなのが気になります。
d0125457_9424069.jpg

失敗して後戻りし後悔する恐れもありますが、やはりここは直すことに。
思い切ってのこぎりで大胆にカットします。


d0125457_9425474.jpg

カット面を削り、角度を少し上向きにした状態にして粘土でまた一つに戻します。
急ぐ必要はないのに、なんだか痛々しくてあせってしまいます。



d0125457_10141628.jpg

もう一回くらいやらないと良くならないかもしれません。
ゾウにはきつそうな姿勢ですがこのまま乾くまでがんばってもらいます。
[PR]
by mochikawa | 2007-11-13 16:38 | もちゾウ | Comments(3)


d0125457_21525646.jpg

鼻をつけました。


d0125457_215419100.jpg

耳をつけました。

少しゾウらしく、さまになってきました。

雨や曇りの日がかさなると粘土の乾燥が遅れ、なかなか前に進めません。
こんなときでもイライラしないで別の作業をして、乾燥中の作品にはなるべく手を加えないよう我慢します。
ここでは勢いよりも、耐えるのがコツです。
[PR]
by mochikawa | 2007-10-27 02:07 | もちゾウ | Comments(2)


やっと乾いてきました。
ここからマラソンのように長い制作のスタートです。
d0125457_1055471.jpg

粘土を削って付けて乾燥、削って付けて乾燥、これを何度も繰り返し
かたちを整えていきます。
この長い制作のあいだに、まったく違うかたちにに変化していくことがよくあります。

すでにもちゾウはもち犬になりたがっているような気もしています。


後ろに居るのは最初のもちゾウさん。
こちらはあともう少しでかたちになります。
[PR]
by mochikawa | 2007-10-08 09:56 | もちゾウ | Comments(8)


難しい問題に挑戦するような気持ちで、粘土をこねこねしながら
なんとなくなんとなく手を動かしてかたちを探っていきます。
d0125457_1439045.jpg

良い方向性が見えてきたらそこでストップ。

この状態でもちゾウのことは頭の隅っこにそっと置いておき、乾燥するまでは忘れようと心がけます。
[PR]
by mochikawa | 2007-09-30 00:34 | もちゾウ | Comments(3)


普段は実物を観察したり資料を見たりすることはほとんどしません。
でも今回は特別にゾウの花子さんに会いたくて井の頭公園まで行ってみました。
d0125457_13514745.jpg
花子さんは神様みたいでした。


d0125457_16494828.jpg
アナグマ。


d0125457_16284941.jpg
中村俊介ににてる。



ということで花子さんのことは少し忘れて、子供の頃に見たゾウの思い出やイメージを思い起こしながらスケッチしていきます。
なるべくリアルにしないよう心がけ、曖昧な部分の記憶は曖昧なまま大切にします。
d0125457_1644138.jpg

こんな印象で目を開けた親子ゾウに決まりました。
[PR]
by mochikawa | 2007-09-19 18:24 | もちゾウ | Comments(7)